USALANDJAPAN

ペレット

【送料無料・1,000円】うさぎ・ハムスター・チンチラ・モルモットたちも大喜び♪チモシー牧草・ビートパルプペレットなど全種類の餌の最小サイズの詰め合わせ。まずは気軽に食べ比べて、お気に入りのエサを見つけてね!


【送料無料・1,000円】うさぎ・ハムスター・チンチラ・モルモットたちも大喜び♪チモシー牧草・ビートパルプペレットなど全種類の餌の最小サイズの詰め合わせ。まずは気軽に食べ比べて、お気に入りのエサを見つけてね!

評価: 4.55

レビュー: 31件のレビューがあります。

牧草本舗【うさぎのエサ通販】でレビューをみる

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★お手頃で人気のチモシー牧草はこちらです・・・ 【牧場直送】北海道産チモシー1番刈り牧草3kg お買得★デーリーNO1グレードチモシー1番刈り牧草3kg お買得★デーリープレミアムチモシー1番刈り牧草3kg お買得★ホースプレミアムチモシー1番刈り牧草3kg ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★北海道産チモシー1番刈り牧草デーリーNO1グレードチモシー1番刈り牧草(ダブルプレス)ホースプレミアムチモシー1番刈り牧草(シングルプレス) ショートカットアルファルファ(チモシー混合牧草)商品情報エサ成分表 北海道産オーチャードグラス1番刈り牧草(ソフトタイプ)デーリープレミアムチモシー1番刈り牧草(ダブルプレス)北海道産ビートパルプ(ペレットタイプ・粉砕タイプ) 【送料無料】 食べ比べお試しセット梱包方法(エコ梱包)牧草Q&A●チモシー牧草ってなんだろう?牧草にはイネ科(チモシー・オーツ・スーダン・トールフェスク・バミューダ・イタリアンライグラスなど)とマメ科(アルファルファ・クローバー)があります。チモシーは、国産品・輸入品ともイネ科牧草の中でもっとも多く流通し、とても嗜好性の良い、扱いやすい牧草です。北海道でもほとんどの牧場がチモシーを主食として与えています。マメ科牧草はアルファルファが主流です。●イネ科とマメ科はどこが違うの?一般的にイネ科牧草は、繊維質が豊富で低カロリー・低タンパク・低カルシウム。良質なチモシーは、おおむね6ヶ月を過ぎた成兎などには太りすぎや尿路結石等を気にせずに食べ放題にできる、草食ペットの主食としてとても扱いやすい牧草です。一方、アルファルファなどのマメ科牧草は、高タンパク・高カロリー・高カルシウムなので、育ち盛りの仔うさぎや、成兎の病気時・お産前後の栄養補助食的に上手く与えれば効果的ですが、成うさぎに与えすぎると、肥満や泌尿器系の病気、体内にガスが蓄積する鼓脹症の原因にもなるので注意が必要です。●チモシーはどこで、いつ栽培されるの?チモシーは冷涼な気候を好みます。国産では北海道、輸入品では、アメリカ北部やカナダが主産地です。一般適にチモシーは一年に2回から3回刈り取り収穫され、その年の最初に収穫された牧草を1番刈り牧草、以下2番牧草、3番牧草と呼びます。北海道の1番牧草の収穫は通常6月上旬から7月上旬頃にかけて、2番牧草は8月中旬頃から9月中旬にかけて行われます。●1番刈りと2番刈りはどこが違うの?春先にじっくりと生育する1番刈りチモシーは消化吸収の良い良質な繊維が豊富で、適度なタンパクとカロリーを含んで栄養バランスが良く、カルシウムも低いです。これに対して夏場の暑い時期に一気に生育する2番刈りチモシーは、消化しずらい繊維の割合が増え、カルシウムも若干高くなる傾向にあります。数字上は一番刈りより高たんぱくになりますが、栄養的には一番に比べやや劣ります。例をあげると、乳牛に同じ量の1番牧草から2番牧草にエサを変えると、牛乳の生産量が1割近く減ることからも、栄養分の消化吸収の違いがわかります。栄養的には劣りますが、柔らかさを好むうさぎには2番刈りチモシーは人気の牧草です。●チモシー牧草はどうやって運ばれてくるの?北海道産チモシー牧草は約300?350kgの円柱状のロールに梱包されます。輸入チモシーは、輸送効率を上げるために四角い形状に圧縮されます。圧縮力の違いでシングルプレスとダブルプレスがあります。シングルプレスは圧縮率が低いので、より自然に近い牧草の形状を保っています。ダブルプレスはより強く圧縮されているので、牧草の葉や茎がつぶれた状態になります。一般的に圧縮力が強いダブルプレスの方が牧草が柔らかくなるとされていますが、牧草の硬さはプレス方法だけでなく、刈り取り時期に大きく影響されるので、実際の牧草を確かめることが必要です。重量比較すると、シングルプレスが1コンテナ約10トン・ダブルプレスが1コンテナ約20?25トン・北海道産チモシーがトレーラー1台約10トンとなるので、北海道産チモシーの圧縮力はシングルプレスと同じくらいです。●1番刈りならどれも品質は同じなの?北海道産チモシーの場合、1番牧草の収穫は通常6月上旬から7月上旬にかけて行われます。牧草は日々生育しているので、この一ヶ月間のいつ刈り取られたかによって同じ1番刈りでも品質は全く異なります。6月上旬から中旬の早刈りの場合、タンパクなどの栄養価が高く、柔らかく消化の良い繊維が豊富で嗜好性も高いですが、7月以降の刈り遅れになるほど、消化できない粗剛な繊維の割合が増え、栄養価も著しく低下します。ですから1番刈りという区分だけで判断すると、全く異質の牧草を買ってしまうことになりかねません。当店では牧草の品質に特に敏感な乳牛たちのために、栄養バランスが良く、適度な硬さと腰のある柔らかさを併せ持つ6月下旬頃に収穫されたチモシーを厳選して購入しています。7月以降の刈り遅れの牧草や、栄養価の低い2番牧草は扱っていません。【送料無料1000円】お気軽お試しセット♪ ●まずは気軽に試してね!当店は広大な北海道の十勝で牧場をやってます。美味しい牛乳たくさん搾ってます!そんな当店の健康な乳牛たちが毎日美味しそ?うにた?っぷりとお腹いっぱ?いに食べている北海道産チモシーをはじめとした安心・良質なエサを牧場から直接お送りします!新鮮ですよ?♪●その時点で販売中の商品をお送りしますので、実際にお送りする商品の組み合わせが画像と異なる場合がありますがご了承ください。(オーチャードグラスは在庫量の関係でお送りできない場合があります)● 高温多湿・直射日光を避け、開封後は1ヶ月程度を目安に使い切ることをオススメします。 

このサイトで掲載されている情報は、USALANDJAPAN の作成者により運営されています。価格、販売可能情報は、変更される場合があります。購入時に楽天市場店舗(www.rakuten.co.jp)に表示されている価格が、その商品の販売に適用されます。

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(C)2010 USALANDJAPAN All Rights Reserved.

inserted by FC2 system